プリントデータは↑メニュー↑の【YouTube】から各動画の下をチェック  高校物理を一緒に攻略していきましょう   今後オリジナル問題もアップしていくのでお楽しみに

物理基礎・高校物理の違いと分野一覧

  • 物理基礎と高校物理の違い【学校編】
  • 物理基礎と高校物理の違い【参考書編】
  • 物理基礎と高校物理の分野一覧 (内容学習のもくじ)

▼内容学習のもくじへジャンプ▼

分野リストはこちら

 

中学校では【物理と化学】【生物と地学】で分かれている場合が多いです。

高校になるとそれぞれの教科が独立し、物理・化学・生物・地学の4つに分かれます。
(地学の授業が選択式だったり、なかったりする場合が多いです)

さらに各教科で学年によって2つに分かれます。

  • 物理 → 物理基礎高校物理
  • 化学 → 化学基礎高校化学
  • 生物 → 生物基礎高校生物
  • 地学 → 地学基礎高校地学

 

まこと
今回は物理基礎と高校物理の違いと、それぞれで学習する分野について解説していきます

物理基礎の分野一覧

まこと
は記事があるもので、 はYouTubeの解説動画があるものです

第1章 力と運動

第1節 物体の運動

 

第2節 力のはたらきとつり合い

 

第3節 運動の法則

3.抵抗力を受ける運動

  1. 静止摩擦力
  2. 動摩擦力
  3. 空気抵抗と終端速度

 

第2章 エネルギー

第1節 仕事と力学的エネルギー

 

第2節 熱とエネルギー

(動画は高校物理範囲のものです)

2.エネルギーの変換と保存

  1. 熱と仕事
  2. 内部エネルギー
  3. 熱力学の第一法則
  4. エネルギーとその移り変わり
  5. エネルギーの保存
  6. 熱機関と熱効率
  7. 不可逆変化

3.気体の圧力

  1. 気体の圧力
  2. 大気の圧力

 

第3章 波動

第1節 波の性質

1.波の表し方とその要素

  1. 波の進行と媒質の振動
  2. 周期的な波
  3. 正弦波と波の要素
  4. 位相
  5. 横波と縦波
  6. 波のエネルギー

2.波の重ね合わせ

  1. 重ね合わせの原理
  2. 定常波
  3. 波の反射

 

第2節 音波

1.音の伝わり方

  1. 音の速さと縦波
  2. 音の3要素
  3. うなり

2.物体の振動

  1. 物体の固有振動
  2. 弦の固有振動
  3. 気柱の固有振動
  4. 共鳴・共振

 

第4章 電気

第1節 静電気と電流

2.電流と抵抗

(動画は高校物理範囲のものです)

  1. 電荷と電流
  2. 電流と電子の速さ
  3. 電圧
  4. オームの法則
  5. 抵抗率
  6. 抵抗の接続
  7. 電流計と電圧計

3.電気エネルギー

(動画は高校物理範囲のものです)

  1. 電気と仕事
  2. 電流と熱
  3. 電気量と電力

 

第2節 電流と磁場

(動画は高校物理範囲のものです)

2.モーターと発電機

  1. 電流が磁場から受ける力
  2. モーター
  3. 電磁誘導
  4. 発電機

 

高校物理の分野一覧

第1章 運動とエネルギー

第1節 放物運動

第2節 剛体のつり合い

 

第3節 運動量の保存

第4節 円運動と単振動

 

第5節 気体の性質と分子の運動

 

第2章 波動

第1節 波の性質

第2節 音波

 

第3節 光波

 

第3章 電気と磁気

第1節 電場と電位

第2節 電流

 

第3節 電流と磁場

第4節 電磁誘導と交流

 

第4章 原子

第1節 電子と光

第2節 原子と原子核

  1. 原子の構造
  2. 原子核と放射線
  3. 核反応とエネルギー

物理基礎と高校物理の違い(学校編)

高校1年生になると物理基礎という教科からはじまります。

学校の教科書は「物理基礎」「高校物理」の2冊配られます。
(通常は、高校1年生のときに物理基礎、高校2年生のときに高校物理を配布)

物理基礎では、高校生が学習する物理の1/3程度を1年かけて学習します。

力学・波動・熱力学・電磁気のなかでも、比較的簡単で難易度の高い数学力を必要としないもののみ扱います。
中学理科で学んだものを、計算も使って少し詳しく学ぶイメージです。

高校物理では、物理基礎で学習したものをふまえた上で少し難易度の高い現象を学習します。

三角関数・微分・積分・ベクトル・数列など、数学ⅡBで学ぶ内容も出てくるので数学も同時に進んでいることが重要です
この範囲では、中学理科では学ばなかった現象がたくさん出てきます。

まこと
前半が物理基礎、後半が高校物理というイメージ!

 

物理基礎と高校物理の違い(参考書編)

学校の教科書とは違い、物理基礎と高校物理の内容をまとめているものが多いです。

  • すべての分野が1冊にまとまっているもの
  • 2~3冊に分けて分野ごとにまとめているもの

物理基礎は、高校3年間で学習する物理の一部です。

物理基礎と高校物理の両方を学習する人向けに、「物理基礎→高校物理」の流れでまとめている参考書の方が多いです。

物理基礎のみの参考書もありますが、高校2年生以降も物理を学習する予定であれば、表紙に物理基礎としか書いていないものは避けましょう

まこと
「物理基礎」「高校物理」両方の内容がまとまっている参考書が多いので、物理基礎しか使わない人は注意!

 

おすすめ参考書はこちら

参考書と問題集ってなにが違うの? どうやって使えばいいの? おすすめの参考書・問題集は?この記事では現役プロ家庭教師・高校物理講師のおすすめ参考書・問題集と使い方を紹介します。参考書と問題集の区別[…]

 

まだ少量ではありますが練習問題も用意してあります。
チャレンジしてみたい方はこちらの記事を参考にしてみてください!

問題演習記事

今回必要な事前知識 【物理基礎】力学01 最初は言葉の仕分けと基本単位が大切 【物理基礎】力学02 瞬間の速さ・平均の速さと言葉の仕分けができれば簡単! 【物理基礎】力学05 等速直線運動とv-tグラフ x-tグラフも[…]

>YouTube「まことの高校物理教室」

YouTube「まことの高校物理教室」

学校の授業が全然わからない・・・
独学でやるのもしんどくなってきた・・・
そんな悩みを抱えている方はこのチャンネルで一回チャレンジしてみてくだい!
もしかしたら、苦手を克服するお手伝いができるかもしれません

CTR IMG