プリントデータは↑メニュー↑の【YouTube】から各動画の下をチェック  高校物理を一緒に攻略していきましょう   今後オリジナル問題もアップしていくのでお楽しみに

【イメージ重視の物理基礎】速さと速度の違いは?

この記事では

  • まずはザックリ理解したい
  • イメージを優先したい
  • 苦手を克服したい

というひと向けに解説をしていきます。

 

【今回わかること】

  • 速さとはなにか
  • 速さと速度はなにが違うのか

 

速さってなに?

教科書では『単位時間当たりの移動距離』と解説されていることが多いですが、『単位時間当たり』というのがピンときにくい人も多いです。

中学時代から速さ・道のり・時間に関する問題が苦手だった方は、とりあえず『1秒で何m進むか』という覚え方をしましょう!

『単位時間あたり』とは、基準となる時間の長さのこと

  • 5秒間など秒で測る問題のとき
    →単位時間は『秒』
  • 3分間など分で測る問題のとき
    →単位時間は『分』
  • 2時間など時間で測る問題のとき
    →単位時間は『時間』

速さをイメージできるようにするために、50m走について考えてみましょう。

足が速いひとってどんな人ですか?

 

もちろん走り切るタイムが短い人ですね。

この速さの測り方を文章にすると同じ距離を短い時間で走るひとが速いということになります。

しかし、この基準だと面倒なこともあります。

距離ごとに測らないと速いか遅いかわからない」ということです。

例えば、50mを10秒で走る人は遅い部類だと思います。

では、100mを10秒で走る人はどうですか?猛烈に速いですよね?

このように、距離によって何秒くらいが速いのかバラバラだと困ります

(距離ってなんだっけ?という場合はこちらで復習を!)

 

なので、速さを『1秒で何m進むか』で測ります。

 

この測り方であれば、50m走だろうが100m走だろうが同じ基準で測れるので比較も簡単になります。

例えば、50mを10秒で走る場合は「速さは5」、100mを10秒で走る場合は「速さは10」なので後者の方が速いという感じです。

まずはこの速さのイメージと言葉での説明を両方身につけることを目指しましょう。

ちなみこのときの速さの単位は「m/s」という単位になります。

時間や距離の単位が変われば、速さの単位も変わります。(km/hなどのように)

まこと
しかし最初のうちは、まず最も頻繁にでてくるm/sを覚えるようにしましょう

 

速さ・速度の意味の違いは?

大きさ」と突然言われても、正直ピンときにくいと思います。

なので、1つ具体例を使ってハッキリ区別をつけましょう。

いま2人のひとが走っています。

  • 東向き5m/sで走っているひと
  • 西向き5m/sで走っているひと

2人の「共通点」としては、どちらも「5m/s(大きさ)」というのは同じです。

それに対して「違う点」としては、東向きと西向きで走る「向き」が違うという点です。

  • どちらも5m/s → 「速さ」は同じ
  • 5m/sだけど東と西で向きが違う → 「速度」は違う

向きを気にせず数値だけを見ているのか、向きまで気にしているのかという違いです。

野球のスピードガンや、車のスピードメーターも『速さ』を測っているものの1つです。(これらで向きを調べることはできませんよね?)

まこと
身の回りに「速さを測るためのもの」「速度を測るためのもの」があるか、日常生活の中で是非探してみてください

 

まとめ

  • 速さは『1秒で何m進むか』
  • 速さは大きさのみ
  • 速度は大きさと向きの両方

 

動画内では問題演習などもあるので、確認のためにも是非チャレンジしてみてください!

 

物理基礎・高校物理の分野一覧はこちら

>YouTube「まことの高校物理教室」

YouTube「まことの高校物理教室」

学校の授業が全然わからない・・・
独学でやるのもしんどくなってきた・・・
そんな悩みを抱えている方はこのチャンネルで一回チャレンジしてみてくだい!
もしかしたら、苦手を克服するお手伝いができるかもしれません

CTR IMG