プリントデータは↑メニュー↑の【YouTube】から各動画の下をチェック  高校物理を一緒に攻略していきましょう   今後オリジナル問題もアップしていくのでお楽しみに

【高校物理】問題演習<力学15>

今回必要な事前知識

 

今回の問題

 

解答の画像はこちら

 

 

今回のポイント

大きさを無視できない物体(質点ではないもの)が静止しているとき、立てるべき式は2種類あります。

  1. 力のつりあいの式
  2. モーメントのつりあいの式

質問内容がなんであれ、まず準備として必ずこの2種類の式は作っておきましょう

結果的に使わないときがあったとしても、準備をしておけば迷いを減らせます。

 

さらに、解説ではサラッと口頭で済ませましたが、Nの部分も注意が必要です。

このNと置いたものは、垂直抗力ではなく「抗力」です。

どういうことかというと、今回は台と棒の間に摩擦力も働きます。

この摩擦力と垂直抗力を合わせたもの(それが抗力)が棒の左端に働くので、2つの力をそれぞれ書くよりも1つに合わせたものを書いた方がシンプルなので、「抗力」という形で書きました。

結果的には、左端を支点にしてしまえばモーメントは0になるので問題ありませんが・・・。

 

立てるべき式、抗力とはなにか、それぞれ整理して覚えておきましょう!

 

力学の復習はこちらから

学校の授業はノートを書くのが大変で話に集中できない復習したいけど同じ授業をもう1回は聞けない本質の理解よりも点数を取ることを重視したい学校の授業はとても非効率的です。1回50分程度の授業を週2~4回しかやりま[…]

>YouTube「まことの高校物理教室」

YouTube「まことの高校物理教室」

学校の授業が全然わからない・・・
独学でやるのもしんどくなってきた・・・
そんな悩みを抱えている方はこのチャンネルで一回チャレンジしてみてくだい!
もしかしたら、苦手を克服するお手伝いができるかもしれません

CTR IMG